漢方と新型コロナ後遺症

ご訪問いただきありがとうございます。岐阜県羽島市にある「奈良漢方薬局」の漢方薬剤師の奈良と申します。

このブログは漢方薬局を運営しながら日常の話や漢方について投稿するブログです。

奈良漢方薬局ホームページ

新型コロナウイルス感染症が猛威を振るっています。

私の住んでいる岐阜でも多くの感染者が出ており、冬期のインフルエンザのようだと感じています。

以前と比べると致死率は下がっており、ウイルスそのものの脅威は減ってきてはいると思うのですが、まだまだ怖いことに変わりはありません。

 

さて、奈良漢方薬局でも新型コロナの相談をいくつか受けております。

症状として発熱、咳、咽頭痛が多いようです。

中でも病院の薬では咳、咽頭痛が収まらず漢方でいいものはないかなどの相談が多いです。

(感染拡大を防ぐため、事前に電話で相談をしたのにご家族に来局いただくか、駐車場にてお車内での対応を取らせていただいております)

 

一番多いのは新型コロナウイルス感染症の後遺症です。

 

 

 

新型コロナウイルス感染症の後遺症について

新型コロナになって回復した後もずっと残る症状を後遺症といいます。

倦怠感、咳、咽頭痛、頭痛、息切れ、味覚障害などが多いようです。

こういった風邪の後や、大病の後に残る後遺症は漢方の得意とするところで数多くの漢方薬があります。

補中益気湯

十全大補湯

人参養栄湯

麦門冬湯

柴胡桂枝湯

小柴胡湯加桔梗石膏

などが有名です。

 

後遺症の怖いのはいつ治るかわからないというところです。

1か月以上症状が続いている人もいます。

漢方で改善するといってもやっぱり新型コロナに罹らないようにするのが一番ですね。

「病は気から」とよくいいます。

気合でなんとかしろという意味ではありませんよ。

身体だけではなく心も健康に保つ必要があるということです。

心が弱ってくると身体も弱ります。

身体が弱ってくると心も弱ります。

漢方において体と心は常につながっています。

ともに健康に保つにはまずしっかりと身体と心の休息をとること。

そして疲れを回復するための栄養をしっかりとることです。

何はともあれ、早く新型コロナが収束して以前の生活が戻ってくることを願うばかりです。

にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP