漢方薬について

漢方薬について

漢方は「身体のバランスを整えること」に重きを置いています。

身体のバランスが崩れると、身体の至る所に症状が出てきます。

漢方でのご相談では、体調や体質をみて、どこのバランスが崩れているかを判断します。

こういった漢方の治療法は、「病気の原因を見つけること」に特化している病院での治療法とは全く異なります。

このため、西洋医学で治せなかった症状が、漢方でなら治すことができます。

漢方が得意なもの
  • 病院の検査では原因がわからなかったもの 

例: 慢性疲労、不定愁訴、胃腸障害

  • 病気の原因がはっきりしていないもの

例: アトピー性皮膚炎、認知症、精神疾患、不妊症

  • 全身に症状が現れるもの

例: 婦人病、更年期障害、自律神経失調症、成人病

  • 西洋の医薬品が身体に合わないもの

また、癌治療はは西洋と東洋の治療を組み合わせることで、お互いの効果を高めることが知られています。

一方、

原因がはっきりしており、原因を完全に取り除く治療法があるもの

については西洋医学の方が優れており、お客様で、病院に受診した方が早く良くなると判断した場合は、受診することを勧めております。

私、薬剤師の奈良は漢方が好きで漢方薬局を始めました。

これは、漢方専門製薬会社の小太郎漢方製薬株式会社さんの社是ですが、私が漢方薬局を開いた目的がまさにこれです。

そして、せっかく漢方薬を飲むなら、より良くご自身に合ったものを飲んでほしいというのが私の思いです。

漢方薬に興味がある方は是非、奈良漢方薬局で漢方をお試しください。

PAGE TOP