腰痛について①~ぎっくり腰~

こんにちは。

奈良漢方薬局です。

最近は特に寒いですね。

この寒さで体調を崩された方も多いみたいです。

特にお腹と腰の冷えはいろんな病に繋がりますので、

冷え性の方は特にご注意ください。

 

寒さで悪くなる症状で有名なものの一つに腰痛があります。

関節痛のイラスト(腰)

では、ここでクイズです。

あなたはぎっくり腰になってしまいました。

ぎっくり腰を早く良くするときにしてはいけないことはなんでしょう?

 

Question. ぎっくり腰を早く良くするためにしてはいけないことはなんでしょう?

  • 安静にして、痛みがなくなるまで寝て過ごす
  • 患部をカイロなどで温める
  • 栄養をたくさん摂る

 

日本整形外科学会・日本腰痛学会出しているガイドラインによると

安静は必ずしも有効な治療法とはいえない。急性腰痛に対して痛みに応じた活動性維持は、ベッド上安静よりも疼痛を軽減し、機能を回復させるのに有効である

とあります。

つまり、安静にしているよりも、

腰に負担のかからないレベルで普段通り過ごした方が良いということです。

 

はい、間違っているのは①番でした。

もちろん、ぎっくり腰になった直後は無理せずに横になっていましょう。

痛みが落ち着いてきて、動けるようになっても寝ていてはダメということです。

仕事も腰に負担のかからないようにしてもらって続けた方が早く良くなるみたいです。

 

②も正しいです。患部を温めると早く良くなります。

ぎっくり腰の最初期の激痛期が過ぎた後は、患部を温めるといいでしょう。

また冷湿布はあまり効果がありません。

ご自身で買われる場合は温湿布か痛み止めの湿布にしましょう。

 

③の栄養のとれた食事は治療のみならず、再発しやすい腰痛の予防になります。

 

ちなみに奈良漢方薬局では痛み止めのロキソニンも売っていますよ。

早くよくなる漢方薬もあります。

もちろん、ぎっくり腰でなく病院での検査が必要なものでしたら受診を勧めさせていただきます。

困ったときはご来局ください。

 

にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP