漢方関係の学会について

こんにちは。

奈良漢方薬局の奈良です。

昨日までの連休中、岐阜の最高気温は25度超えてまた暑い日が戻ってきました。

皆さんはいかがお過ごしでしたか。

8、9日と名古屋市立大学で

日本漢方交流会第50回学術総会がありました。

 

今年のテーマは「皮フ疾患と漢方療法」

 

皮膚疾患は漢方が得意な分野です。

アトピー性皮膚炎なんかは、

漢方で良くなるって話はよく知られているのではじゃないでしょうか。

また、じんましんなんかも、

抗ヒスタミン薬ですぐによくなってしまう場合はいいのですが、

意外と薬を飲んでいる間はいいけれど、

なかなか治らないことや、

繰り返すことがよくあります。

そういった時は、漢方の出番です。

 

今回の学会も、

私の知らない漢方の使い方や発見があり、

面白い内容でした。

漢方の学会では、

漢方の関係の企業がそれぞれブースを設けていまして、

各社さまざまな展示をしています。

私は、漢方の書籍を見るのが楽しみだったりします。

漢方関係の書籍って、

一般の書店では売ってないので、

こういったときに買うことがほとんどなんです。

あとは、amazonとか。

今は読まないといけないものが3冊もたまってしまっているので、

今回は買いませんでしたが、次に買いたいものは見つかりました。

関係者のみなさん、ありがとうございました。

 

ちなみに来年の漢方関連の学会予定はこちら

 

日本東洋医学会 大阪国際会議場 2018年6月8日(金)、9日(土)、10日(日)
和漢医薬学会 長良川国際会議場 2018年9月1日(土)、2日(日)
日本漢方交流会 東京有明医療大学 2018年11月3日(土)、4日(日)

 

どれも参加費で1万円以上取られます。

 

和漢医薬学会は結構アカデミック寄りな印象。

研究に興味ないと面白くないかな?

私が大学院時代に研究発表を行ったこともある思い出のある学会です。

来年はなんと、岐阜での開催なんでラッキーですね。

大会長が私の研究室の教授なんで参加しないわけにはいきません。

ちなみに和漢医薬学会は同時に市民公開講座も開催しており、

こちらは一般市民向けな上に、無料で参加できるので、

漢方に興味がある方は是非参加しましょう。

漢方初心者向けの一般講座もあります。

むしろこの一般講座だけの参加のみで十分

今年の市民講座内容(終了)

 

日本東洋医学会はほぼ臨床寄りのイメージ。

こちらは漢方のみでなく、鍼灸などの東洋医学全般が対象です。

規模は大きいです。初心者から上級者まで幅広く発表があります。

大阪で近いのもグッド。

面白そうな内容が多いので気になる方が下のリンクからチェック!

詳しくはこちら

以上、気になる学会ニュースでした。

 

 

今週は大阪まで、

漢方による不妊治療の公演に参加しに行ってきます。

 

ではでは

 

にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  1. はじめまして
    このコメントは届くのかしら???
    大阪での日本東洋医学会の市民公開講座に
    出てみたいなぁぁぁと思います

      • 奈良
      • 2017年 11月 20日

      コメントありがとうございます。
      届いてますよ。返信が遅くなり申し訳ありません。
      日本東洋医学会の市民公開講座の内容はまだ出てないですね。
      どういった内容でしょうね。
      楽しみです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP