除菌ってどういう意味?

皆さん、お久しぶりです。

奈良漢方薬局の奈良です。

新型コロナウイルスがいったん落ち着いたらと思ったら、

また感染者が増えつつある状況にあります。

私たちの住む岐阜県も例外でなく、感染者が数人でてきています。

 

世界的な流行をみると、

ワクチンが開発されるまではウイルスの脅威にさらされる生活を余儀なくされそうです。

早く収束して以前の生活に1日でも早く戻れるよう願います。

 

こういった状況で不安を煽ってビジネスをしようとする人たちは必ずいます。

そういった人たちの偽情報が錯綜しています。

皆さんもくれぐれもご注意ください。

 

例えば「除菌」

除菌って言葉がついていたら安心!って思ってませんか?

滅菌、殺菌、消毒と除菌の区別ってご存じでしょうか?

 

除菌=菌を殺すではない

滅菌、殺菌、消毒は医学用語で定義があります。

 

「滅菌」=菌を完全に殺す

「殺菌」=菌を一部殺す

「消毒」=菌を無毒化する

 

殺菌は菌を殺せば良いので、

仮に10%でも菌を殺してくれれば残り90%が無傷でも殺菌と言えます。

 

ただし「殺菌」という言葉は薬機法の対象となる消毒薬などの「医薬品」や、

薬用石けんなどの「医薬部外品」で使うことはできますが、

洗剤や漂白剤などの「雑貨品」については、使用できないことになっています。

 

一方、除菌とは定義が定まっていません。

菌を一部除けばいいので各メーカーが思い思いに「除菌」のフレーズを利用できます。

ただのウエットティッシュだってそれで手を拭けば菌が一部取り除けるので「除菌」です。

ただの水だってそれで手を洗えば「除菌」です。

 

もちろんすべての除菌グッズがインチキではありません。

ただいくらでもインチキができる仕組みではあります。

 

除菌グッズを買うときには気をつけましょう。

特に高額な除菌グッズは詐欺の可能性があるので買わないようにしましょう。

アルコール消毒で十分です。

 

アルコール消毒もやり方が間違っている人がけっこう多くいますね。

長くなってしまいますので

これは次回のテーマにしましょう。

それでは良い連休を。

 

にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP