玄米菜食試食 2018年2月

こんにちは。

奈良漢方薬局です。

2月15日に開催しました第356回玄米菜食試食会の報告です。

今月のメニュー

大豆スープ

レンコンのうなぎもどき

大根の共葉煮

枸杞の実の豆乳寄せ

大根と人参の麹漬け

玄米雑穀ご飯

●大豆スープ

大豆と豆乳を使ったスープです。

●レンコンのうなぎもどき(中央下)

●大根の共葉煮(中央上)

●枸杞の実の豆乳寄せ(右)

●大根と人参の麹漬け(左)

「レンコンのうなぎもどき」とは蓮根をすりおろして、

全粒粉とくず粉を混ぜて揚げたものです。

見た目はウナギに見えます。

 

「枸杞の実の豆乳寄せ」

これは薬膳料理でよく出てくる「枸杞の実」を

ミキサーで液状にして豆乳を加えて寒天で固めてあります。

枸杞の実は漢方では「枸杞子(くこし)」と呼ばれています。

杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)などに使われ、

目に良いとされています。

 

黒くうつっているものは

「柚餅子(ゆべし)」です。

柚子をくりぬいて、中に味噌や道明寺粉(もち米みたいなもの)などを入れて、

日陰に干して作ります。

●玄米雑穀ご飯

 

次回は3月15日に開催します。

今後とも奈良漢方薬局をよろしくお願いします。

 

にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP