玄米菜食試食会 2018年10月

こんにちは。

奈良漢方薬局です。

10月18日に開催しました第362回玄米菜食試食会の報告です。

 

今月のメニュー

豆腐の崩し汁

里芋の味噌あん

栗ういろう

ごぼうのたたき漬け

キャベツの練り胡麻和え

キノコご飯

 

 

●豆腐の崩し汁

豆腐と湯葉を使いました。

味付けは出汁と塩と醤油のシンプルなものです。

 

●里芋の味噌あん

●栗ういろう

●ごぼうのたたき漬け

さつまいもはお客様からいただいたものを付けました。

里芋の味噌あんには胡麻ペーストを使用しています。

 

●キャベツの練り胡麻和え

 

●キノコご飯

旬のキノコをたくさんつかったキノコご飯。

もちろん、玄米をつかっています。

上にのっている黄色のものはオクラの花です。

 

 

玄米菜食試食会では、

毎回漢方に関しての講義をしています。

今回は、物忘れと老化について。

漢方の視点でお話ししました。

 

 

次回の玄米菜食試食は11月15日に開催します。

 

 

今後とも奈良漢方薬局をよろしくお願いします。

 

にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP